予定詳細

イベント 第10回埼玉輸血フォーラム
イベントの詳細 第10回埼玉輸血フォーラム 
 
日時:平成31年3月23日(土)13:30~17:00     13:00 受付開始
場所:さいたま市民会館うらわ(客席数:478席)

開会挨拶 (13:30~13:40)                           
埼玉県合同輸血療法委員会 代表世話人 池淵 研二 先生
埼玉県保健医療部     副部長   河原塚 聡 様

Ⅰ.埼玉県合同輸血療法委員会報告 (13:40~14:40)

    座長:賀古 真一 先生  自治医科大学附属さいたま医療センター 血液科
    演題①「赤血球製剤の適正使用に向けて
           -実態調査結果報告-」(適正使用推進小委員会) 
           演者:坂口 武司 先生  防衛医科大学校病院 臨床検査部(15分)
    演題②「輸血の実施に関する動画制作と教育活動
          -看護師部会活動報告-」(輸血業務検討小委員会)
          演者:木村 秀実 先生 埼玉協同病院 看護部手術室 (15分)
    演題③「埼玉県内の不規則抗体カード発行の現状
           -アンケート調査結果より-」(輸血業務検討小委員会)
         演者:大木 浩子 先生 埼玉医科大学総合医療センター 輸血部(15分)
    演題「輸血用血液製剤の廃棄に関するアンケートの結果報告」(輸血業務検討小委員会)
    演者:酒井 美恵 先生 上尾中央総合病院 検査技術科 (15分)
 
Ⅱ.パネルディスカッション (14:40~15:40)
  「こんな輸血オーダー、困ります! ~患者さんのためになる輸血治療をめざして~」
     座長:山本 晃士 先生 埼玉医科大学総合医療センター 輸血部
     座長:菊池 智晶 先生 国立病院機構 埼玉病院 臨床検査科
     演題①「看護師の立場から~赤血球輸血を中心に  」
            演者:山嵜 恵美子 先生 さいたま赤十字病院 看護部 救急病棟(15分)
     演題「検査技師の立場から~血小板輸血を中心に 」
        演者:久保居 由紀子 先生 JCHO埼玉メディカルセンター 臨床検査科(15分)
     演題「医師の立場から~新鮮凍結血漿を中心に 」
           演者:山本 晃士 先生 埼玉医科大学総合医療センター 輸血部(15分)
     総合討論(15分)
 
    休憩(15分)
 
Ⅲ.教育講演 (15:55~16:55)
          座長:岡田 義昭 先生  埼玉医科大学病院 輸血・細胞移植部
     「海外渡航者の感染症対策~輸血に関する話題も含めて」
         演者:濱田 篤郎 先生  東京医科大学病院 渡航者医療センター

閉会挨拶 (16:55~17:00)                              

  埼玉県合同輸血療法委員会 世話人 埼玉県赤十字血液センター所長 芝池伸彰 先生

共催  埼玉県合同輸血療法委員会, 埼玉県,
      日本輸血・細胞治療学会関東甲信越支部,
埼玉県赤十字血液センター
後援  埼玉県医師会,埼玉県看護協会,埼玉県病院薬剤師会,埼玉県臨床検査技師会
本フォーラムは以下の制度の単位となります。
日本医師会生涯教育講座3単位 取得CC 7,8,10,15
日本輸血・細胞治療学会各種認定制度申請用の参加証明書発行
◆ 埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター (G15)2単位
日付 2019/03/23(土) 12:30 ~ 17:00